セブンチェア アントチェア

フリッツハンセン社のアント、セブンチェアなどアルネ・ヤコブセンの作品のご紹介です。

おしゃれなインテリアショップ モダン・ユニティー

ジャンル別カテゴリー
代表的な椅子
デザイナー別カテゴリー
ブランド別カテゴリー

セブンチェア アントチェア

フリッツハンセン社
1872年デンマークに設立。1930年代頃より、「最高のクオリティーをもち、美しく機能的な家具を、工業的製造プロセスによって製造する」ことを社の方針としてきました。フリッツ・ハンセン社のデザインは、 Timeless/Pure/Original/Sculpture。つまり、時代を超えた普遍性をもち、ユニークでかつシンプル、また美しいフォルムであること。これを哲学としています。今日では、セブンチェア、エッグチェア、スワンチェアなどに代表されるクラシックな商品に加え、それらと見事にマッチする新しい商品を発表しています。

Fritz Hansen JP - Fritz Hansen
http://www.fritzhansen.com/jp/fritz-hansen.aspx
フリッツハンセン社 公式サイト。

アルネ・ヤコブセン
1950年デンマークのフリッツハンセン社と仕事を始め、そこでプライウッドを使用した名作、アントチェアを誕生させる。 プライウッドチェアの制作において、チャールズ&レイ・イームズの「LCW」「LCM」等に影響を受けたが、成形時最も力を受ける背の一部の削除という形で、イームズが成し得なかった背と座の3次元一体成形を成功させる。 3年後、技術の進歩によりセブンチェアが生まれる。

Arne Jacobsen 100 : English
http://www.arne-jacobsen.com/en/arne-jacobsen.aspx
アルネ・ヤコブセン 公式サイト。

ナッツナチュラル (アルネ・ヤコブセン)

アルネ・ヤコブセンによる軽さと強度に優れた椅子

セブンチェア ナッツナチュラル 

アリンコチェアの次のモデルとして1956年に発表された椅子です。座面は薄い9枚レイヤーの積層合板で構成されており、外側を美しい木目の仕上げ板で挟み、3枚目を横目に使い、中央は縦目使いにし、それぞれの板の間に2枚のコットンテキスタイルを挟み込み、椅子のカタチに3次元成型した高度な技術で作られています。その結果、特徴でもある軽さと強度に優れたチェアを生み出したのです。。

シルク (アルネ・ヤコブセン)

セブンチェア ラッカーホワイト (アルネ・ヤコブセン)

セブンチェア ラッカーホワイト 

14mmと細いクローム仕上げのスチールパイプで支えられた軽快な姿はバタフライチェアの愛称を持っています。塗装は木目の見えないラッカー仕上げ、脚はクロームメッキタイプをセレクトしています。デンマークのフリッツハンセン社の商品です。

(アリンコチェア) ブラック

デザインが際立つ黒いアントチェア(アリンコチェア)

アントチェア ブラック 

1959年にアルネ・ヤコブセンがデザインしたアントチェアは、3本脚+人の2本脚で安定感のある機能を満たすという独特のコンセプトを元にデザインされています。ブラックが原型というだけあり、フォルムの美しさが際だっています。スタッキングが可能です。

アントチェア ビーチナチュラル

ナチュラルカラーのアントチェア

アントチェア ビーチナチュラル 

背もたれとシートに、1952年の発表当時非常に画期的であった、一体成形の積層材を使用したアントチェア。すらりとしたデザインは、オフィスのミーティングスペースやロビー・ホールなどあらゆる空間に馴染みます。